あなたの地域の名医はこちら 女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュ
女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュHOME » 女性にも薄毛が増えているって本当?脱毛症の種類について » ホルモンバランスに関係する脱毛症

ホルモンバランスに関係する脱毛症

女性が疾病する脱毛症にはさまざまな種類がありますが、その中でも「びまん性脱毛症」、「女性男性型脱毛症(FAGA)」、「分娩後脱毛症」の3つの脱毛症には女性ホルモンが大きく影響しています。脱毛症と女性ホルモンの関係や、それぞれの脱毛症についてご紹介しましょう。

女性ホルモンと脱毛症の関係とは?

女性だから男性のように脱毛しないと考えておられる方もおられますが、薄毛や抜け毛に悩みを持つ女性は年々増えています。特に多いのが40代になってからの薄毛ですが、その中にはホルモンバランスの乱れによって薄毛が進行するケースも少なくありません。女性ホルモンの中でも有名なのは卵胞ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」と黄体ホルモンと呼ばれる「プロゲステロン」ですが、頭髪の成長に影響を与えているのは前者のエストロゲンだといわれています。

ホルモンバランスが原因となる脱毛症

それでは、ホルモンバランスの乱れを原因とした脱毛症にはどのようなものがあるのでしょうか。

びまん性脱毛症

  • 男性の脱毛症のように脱毛範囲が広がるのではなく、髪が全体的に薄くなり、頭頂部の頭皮が透けるように見える脱毛症。髪だけでなく全身の体毛まで薄くなるという特徴もあります。
  • 女性ホルモン分泌量の低下が原因。更年期の女性に多く見られますが、ストレスや無理なダイエットにより30代の女性でも発症するケースも。

びまん性脱毛症の「びまん」とは、医学的に「広がりがある」という意味。局所的な病変ではなく、広範囲にわたる病変が見られる症状を「びまん」と言います。

なので、びまん性脱毛症は、男性型脱毛症のような局所的な薄毛のことではなく、頭髪全体に広がった薄毛ということ。

びまん性脱毛症を発症するのは、多くの場合女性です。明確な定義はありませんが、加齢や生活習慣の影響で髪の毛が徐々に細くなる、髪の毛の数が徐々に減る、全体的にボリュームが減るなどの状態のことを、びまん性脱毛症と言います。

なお、びまん性脱毛症の原因には「慢性休止期脱毛症」と「FAGA(女性男性型脱毛症)」の2種類があります。FAGAを原因とするびまん性脱毛症は後述するとして、ここでは「慢性休止期脱毛症」を原因とするびまん性脱毛症について見ていきましょう。

びまん性脱毛症が発症するメカニズム

「慢性休止期脱毛症」を原因とするびまん性脱毛症の原因は、完全には解明されていません。ただ多くの専門書では、偏った生活習慣が原因で発症すると説明されています。

睡眠不足、食生活の偏り、運動不足、ストレスなどの悪しき生活習慣の蓄積が、髪の毛の成長に関わっている女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑えてしまうことで「慢性休止期脱毛症」が進行する、という説が有力です。

予防・改善のポイント

生活習慣を改善し、女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事、適度な運動、ストレスの解消等を意識し、生活習慣を好転させることで「慢性休止期脱毛症」によるびまん性脱毛症の進行が緩やかになります。

また病院で「パントガール」や「パントスチン」などの治療薬を処方してもらったり、または育毛メソセラピーなどの治療を受けたりすることでも、一定の改善効果が期待できます。

FAGA(女性男性型脱毛症)

  • 全国に1,200万人いると言われているAGA(男性型脱毛症)の症状が女性に表れてしまう脱毛症で、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。男性のように髪が無くなることはありませんが、主に頭頂部から全体的に薄くなるようにして進行し、髪がやせ細ってハリやコシが失われてしまうのが特徴です。
  • 女性ホルモンの分泌量が低下して男性ホルモンが優位になることが原因。ストレスや無理なダイエット、生活習慣の乱れによって発症するケースも見られます。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、男性の薄毛において多くの原因である「AGA」の女性版。男性のAGAと同じメカニズムで発症します。

症状の特徴は、上で説明したびまん性脱毛症とほぼ同じ。髪の毛が細くなり、かつ髪の毛の数が減り、全体的に頭髪がボリュームダウンした状態に。

一部の女性においては、男性と同じように前頭部や頭頂部を中心に薄毛が進行する例も見られますが、これは少数ですね。ほとんどの場合は、男性とは異なる「びまん性脱毛症」として薄毛が進行していきます。

FAGA(女性男性型脱毛症)が発症するメカニズム

加齢等によって女性ホルモンの分泌量が減ってくると、相対的に男性ホルモンの比率が増加します。そしてAGAと同じく、男性ホルモンの一つであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の働きによってDHTという物質に変化。

このDHTが毛の成長をつかさどる毛母細胞の働きを抑え、FAGAが進行してしまうのです。

予防・改善のポイント

加齢等によって減少した女性ホルモンの分泌量を、元の量に戻すことはできません。症状の進行を少しでも抑えるために、まずは生活習慣の見直しをしてみましょう。

十分な睡眠、ストレスの解消、栄養バランスの取れた食事、適度な運動などを心がけてください。食生活においては、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをすると言われる大豆イソフラボンを積極的に摂取するようにしましょう。

確実な改善を望むのであれば、女性の薄毛治療を行なっている専門病院に相談することをお勧めします。

分娩後脱毛症

  • 出産後に見られる脱毛症で、髪の毛がやせ細ったり抜け毛が増えたりする症状。半年から1年程度で回復する一時的な症状です。
  • 妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増加しますが、出産を後えると元の状態に戻ることが原因。妊娠中に比べると女性ホルモンの分泌量が減少するため、一時的に脱毛してしまいます。

び分娩後脱毛症とは、産後の女性の約半数に見られる、ごく一般的な脱毛症の一つ。産後の正常な経過に見られる脱毛症なので、心配することはありません。

出産直後から脱毛が始まる人もいれば、出産2ヶ月後から脱毛が始まる人もいますが、多くの場合は脱毛から半年~1年程度で症状は治まります。

よく見られる症状として「入浴時に髪の毛が大量に抜け落ちたる」「起床時、枕に大量の髪の毛が抜け落ちている」といったもの。頭髪だけではなく、体毛が薄くなる女性も多く見られます。

分娩後脱毛症が発症するメカニズム

髪の毛の正常な成長サイクルをつかさどるのは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモン。普段は月経周期に合わせてエストロゲンの分泌量が上下し、それに合わせて髪の毛は抜けたり生えたり成長したり、を繰り返します。

ところが妊娠中は、このエストロゲンの分泌量が大幅に上昇。その結果、本来のサイクルであれば抜けてしまう髪の毛が抜けず、そのまま頭皮で成長を続けます。

出産を終えると、一気にエストロゲンの分泌が平常時の量に回帰。結果、妊娠中に抜けるはずだった毛が一気に抜けて分娩後脱毛症へといたります。

予防・改善のポイント

半年~1年程度で自然に抜け毛が治まるため、自分が気にならなければ取り立てて対策をする必要はありません。ただし症状の程度には個人差があるため、あまりにも抜け毛が著しい場合には、何らかの対策を施してみても良いでしょう。

妊娠中・産後による抜け毛について詳しく知りたい方はこちらのページもチェックしてみてください。

ホルモンバランスが原因の脱毛症は
どうやって治せばいい?

ホルモンバランスが関係する脱毛症には、びまん性脱毛症とFAGAのように、自分で判断することが難しいものがありますので、「おかしいな」と思ったら早めに専門医の診察を受けることが大切。自己流の治療法では逆に症状を進行させることにもなりかねませんので、専門医の指示に従って治療をすすめるようにしましょう。一時的な脱毛である分娩後脱毛症でも、場合によっては長引く場合もありますので、気になるようでしたら専門医の診察を受けることをオススメします。

髪と頭皮のために自分でできることは、規則正しい生活習慣や食生活をおくるように心がけること。そしてできるだけストレスを溜め込まないようにし、正しいヘアケアや無理なダイエットなど、身体に負担がかからないように気を付けてホルモンバランスを正常に戻すことが大切です。女性はホルモンバランスの影響が身体に表れやすいので、普段から心身ともに健康で過ごすように心がけましょう。

HOME
PAGE TOP