あなたの地域の名医はこちら 女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュ
女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュHOME » 女性にも薄毛が増えているって本当?脱毛症の種類について » 頭皮トラブルに関係する脱毛症

頭皮トラブルに関係する脱毛症

頭皮トラブルにはさまざまな種類がありますが、よく見られる症状としてフケによるかゆみや過剰な皮脂による頭皮のベタつきが挙げられます。これらの頭皮トラブルは放っておくと粃糠(ひこう)性脱毛症や脂漏(しろう)性脱毛症といった症状を引き起こすことも。頭皮トラブルと脱毛症の関係についてご紹介します。

過剰なフケや皮脂は頭皮トラブルのもと

フケや皮脂はどちらも頭皮の健康を考えると必要なもの。フケは頭皮の新陳代謝により、新しい肌に生まれ変わったことによる角質ですし、皮脂には頭皮を外部の刺激から守る役割があるのです。しかし、何等かの原因によって大量発生してしまうと、頭皮トラブルの原因になりかねません。フケが大量発生することによってかゆみを感じ、かきむしると頭皮を傷つけるケースもありますし、皮脂の過剰分泌によって毛穴がつまり、髪が痩せ細ってしまうケースもあります。

頭皮トラブルによる脱毛症とは?

フケや皮脂の過剰分泌によって引き起こされる脱毛症には、粃糠性脱毛症や脂漏性脱毛症がありますが、どのような頭皮トラブルが原因となって発症するのか見てみましょう。

粃糠性脱毛症

  • 大量発生したフケが毛穴を塞いで雑菌を繁殖させるとともに炎症を引き起こし、髪の成長を阻害して脱毛してしまうのが特徴。雑菌の正体は皮膚常在菌と言い、誰の皮膚にも存在する細菌なのですが、異常繁殖することで炎症を引き起こしてしまうのです。頭皮が赤くなって強いかゆみを伴い、毛穴を塞いだフケがかさぶたのように固くなります。
  • はっきりとした原因はまだ判明していませんが、過剰なヘアケアとホルモンバランスの乱れが原因と言われています。過剰なヘアケアによって皮膚が乾燥した状態になりフケが発生しやすい環境になることも。また、ストレスや食生活の乱れなどによってホルモンバランスの乱れ、皮膚常在菌やフケが発生しやすくなるとも言われています。

脂漏性脱毛症

  • 過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぐことにより、皮膚常在菌が異常繁殖して炎症を引き起こし、脱毛してしまうのが特徴。粃糠性脱毛症と似ていますが、粃糠性脱毛症がフケを原因とするのに対し、脂漏性脱毛症は皮脂が原因。髪の生え際がベタつくとともに、頭皮が赤くなってかゆみを伴います。
  • 粃糠性脱毛症と同じく、過剰なヘアケアとホルモンバランスの乱れが原因と言われています。過剰なヘアケアによって頭皮から皮脂が洗い流されると、身体は頭皮を保護しようと皮脂の分泌を強化しますが、それを繰り返すことにより皮脂の分泌量が多い体質になることも。また、脂漏性脱毛症と関係の深い脂漏性皮膚炎は偏った生活習慣や食生活によるホルモンバランスの乱れが原因とも言われています。

頭皮トラブルによる脱毛症は
どうやって治すの?

粃糠性脱毛症や脂漏性脱毛症を治療するにあたっては、まずは専門医による診察を受けるようにしましょう。どちらも強いかゆみを伴いますので、寝ているときなど無意識のうちに頭皮をかきむしってしまい、症状を悪化させる可能性も。症状が落ち着くまでは医師の処方を受けることを強くオススメします。そして医師による治療とあわせて、自分のヘアケア法生活習慣などを見直してゆくことが大切。フケや皮脂を洗い流そうと、刺激の強いシャンプーを使用しているのであれば、頭皮に優しいスカルプ系のシャンプーに変えるようにしましょう。また、栄養バランスのとれた食生活を心がけることも大切。身体の中の状態を整えることが、頭皮トラブルをなくすことに繋がるのです。

HOME
PAGE TOP