あなたの地域の名医はこちら 女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュ
女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュHOME » 女性の薄毛・脱毛症の原因とそれぞれの対策方法まとめ

女性の薄毛・脱毛症の原因は?
対策方法とあわせてチェック!

女性の薄毛の原因にはさまざまな種類があり、ひとつのことが原因になっている場合もあれば複数の原因が複雑に絡み合っている場合もあります。
また男性の薄毛の原因とも大きく異なります。男性の場合は男性ホルモンの影響がメインの原因であるのに対して、女性の場合は生活習慣の影響がメインになるのです。ここでは、女性の薄毛や抜け毛の原因をひとつずつご紹介。また、原因別に対策方法も紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

ストレスや睡眠不足

現代社会に生きる女性たちにとって、ストレスや睡眠不足から解放されることは難しいことかも知れません。しかし残念ながら薄毛・抜毛の主要な原因がストレスと睡眠不足であることは否めないのです。
ストレスを抱えると、人の体は硬直して血行が悪くなります。頭皮の健康には良質の血行が欠かせないため、ストレスは女性の薄毛の大きな原因となります。また、睡眠中には毛母細胞の修復が行われるため、睡眠不足になると健全なヘアサイクルが損なわれます。
ストレスと睡眠不足は、女性の薄毛の最大の要因なのです。

ストレスや睡眠不足による薄毛の対策方法

ストレスから解放されることは難しいと思うので、せめてストレスを解消する自分なりの方法を実践してください。睡眠は、毎日最低でも6時間から7時間は取ること。特に細胞の修復が行なわれる22:00から2:00までの4時間は眠っている状態が理想です。

食生活の乱れや無理なダイエット

人の健康を支えているのは、毎日の食事です。食生活が乱れれば健康が損なわれることは理解できると思いますが、髪の毛や頭皮も体の一部である以上、食生活の乱れによって薄毛・抜毛を招いてしまうことは想像がつくでしょう。
無理なダイエットもまた食生活の乱れの一種なので、やはり薄毛・抜毛の原因となります。昨今増加中とされる若い女性の抜毛の原因の多くは、無理なダイエットを含めた食生活の乱れにあるとの指摘もあるほどです。

食生活の乱れや無理なダイエットによる薄毛の対策方法

髪の成長にはバランスの取れた栄養が不可欠です。栄養不足につながるような無理なダイエット、また偏った食事を見直してください。塩分や脂質、糖分の摂りすぎも抜毛・薄毛を招きます。ジャンクフードに含まれる脂は、活性酸素を増大させて薄毛の遠因にもなるので食べ過ぎに要注意です。

喫煙

喫煙習慣は女性の薄毛・抜毛の大きな要因です。煙草を吸うと、その直後に血管が収縮します。すると血行が悪くなり、頭皮の毛母細胞に必要な栄養素が届きにくくなるのです。また煙草には自律神経を興奮させる働きがあるため、喫煙後には皮脂や汗が多くなり、毛穴に詰まって抜毛を誘発します。さらに、喫煙習慣のある人は、常に軽く酸欠状態になっているため、毛母細胞の活動に必要な酸素が常に不足しています。喫煙は薄毛を招くのみならず、健康を損なう恐れもあるので、可能であれば禁煙するようにしましょう。

喫煙による薄毛の対策

対策としては、禁煙するしかありません。よく言われることですが、煙草の本数を少しずつ減らしていく方法では、禁煙することは難しいでしょう。禁煙する日を決めて、その日からスパッと煙草をやめるようにします。病院の禁煙外来を利用しても良いでしょう。

間違ったヘアケア

薄毛・抜毛を予防するには、頭皮の状態を清潔に保つことが重要です。
とは言え、過剰に頭皮の洗浄を行なうことは、薄毛・抜毛予防にとって逆効果。1回のシャンプーで3度も4度も頭皮を洗浄したり、または1日に2回以上シャンプーをしたりすれば、頭皮の健康を維持するために必要な皮脂まで洗い落としてしまします。
他にもトリートメントのすすぎ不足や、頻繁なヘアカラーなどもまた、頭皮環境を悪化させて薄毛・抜毛の原因となるので注意してください。

間違ったヘアケアによる薄毛の対策方法

シャンプーは1日1度までにしましょう。洗い方は、指の腹を使って優しく頭皮をマッサージする程度に。また、トリートメントをしっかりとすすぎ、毛穴に成分が残らないようにしてください。ヘアカラーは美容院でやってもらうことをお勧めします。

紫外線による頭皮のダメージ

紫外線が人体に有害であることは言うまでもありませんが、髪や頭皮も人体の一部である以上、紫外線によって様々なダメージを受け、結果として薄毛・抜毛を誘発されることがあります。
紫外線を浴びた頭皮には、活性酸素が増大し髪の成長に必要な様々な細胞を破壊します。また紫外線は、髪の毛の主要成分であるタンパク質を破壊するとも言われています。さらに紫外線は、髪の土台となる毛乳頭細胞にも直接ダメージを与えます。
女性の薄毛予防には、紫外線対策が不可欠なのです。

紫外線による頭皮のダメージを対策する方法

頭皮や髪に直接紫外線が当たらないよう、日差しの強い日には、帽子や日傘を利用するようにしましょう。また活性酸素対策として、日ごろから抗酸化作用の強い成分を摂取することが大事。
ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどを多く含んだ食材を積極的に摂取してください。

 

冷え性による影響

しっかり食事から栄養をとっているけれどなかなか薄毛の状態が改善しない…と思っているのであれば、冷え性が原因の可能性を疑ってみましょう。

冷え性ということは、血行が滞っているということ。薄毛改善のために必要な栄養素は血液に乗って運ばれるわけなので、冷え性だと薄毛改善が難しくなるケースがあります。そこで、冷え性改善のためにはどのような対策をとればいいのか、何に気を付けていけばいいのかについてご紹介します。

フケや過剰な皮脂分泌などの頭皮トラブル

フケや過剰な皮脂もまた、女性の薄毛の主要な原因となります。フケが大量に発生したまま放置すると、フケは毛穴をふさぎます。ふさがれた毛穴の中では皮脂がたまり、常在菌が異常繁殖。髪の根元が炎症を起こして「ひこう性脱毛症」を発症することがあります。
また過剰な皮脂もまた常在菌を異常繁殖させるエサに。繁殖した常在菌の影響で頭皮が「脂漏性皮膚炎」を起こし、薄毛・抜毛を誘発することがあります。頭皮のフケや皮脂については、多すぎず少なすぎず、適度な量を維持することが大事です。

フケ・過剰な皮脂などの頭皮トラブルによる薄毛の対策方法

石油系界面活性剤入りの刺激の強いシャンプーの使用をやめ、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使用し、1日1回、やさしく頭皮を洗いましょう。なお「ひこう性脱毛症」も「脂漏性皮膚炎」を発症した可能性がある場合は、早めに皮膚科を受診してください。

妊娠・更年期・ピルの服用

髪の健康をつかさどるのは女性ホルモン。そのため女性ホルモンの分泌量が減少すると髪の健康が損なわれ、薄毛・抜毛を招いてしまいます。一例を挙げれば、妊娠中は女性ホルモンが急増しますが、出産によって逆に激減。

産後に抜毛が多いのは、このためです。あるいは、ピルの服用中もまた体内に女性ホルモンが増えますが、服用を中止すると急激に女性ホルモンが減少し抜毛の原因となります。

また更年期に差し掛かると徐々に女性ホルモンの分泌量が減少し、相対的に男性ホルモンの分泌比率が高まるため、男性型に似た薄毛・抜毛を発症することがあります。

妊娠・更年期・ピルの服用による薄毛の対策方法

妊娠にからむ抜毛は、放置してもやがて回復するので安心してください。ピル服用についての薄毛は、まず急にピルの服用をやめないことです。徐々に減らすなどしながら、女性ホルモンの量の急激な変化を避けてください。更年期による抜毛は、医療機関に相談することをお勧めします。

季節の変化による頭皮・髪へのダメージ

結論から言いますと、季節の変わり目での多少の抜け毛はあまり気にする必要はありません。

犬などの動物と同じように人間にも髪の毛にも生え変わるタイミング(換毛期)があります。

それでも「最近抜け毛がものすごく増えた気がする...」と感じる人は季節要因も考慮した方がいいかもしれません。
季節によって頭皮、髪に与える影響は違うのです。季節ごとの原因をしっかりと理解し、適切な対処ができるようにしましょう。

春の抜け毛

春の特徴としては、花粉によって引き起こされるアレルギーや職場、学校はもちろん、家庭環境の変化によるストレスが考えられます。

夏の抜け毛

暖かくなるにつれて、紫外線が強くなり、発汗も多くなることによって頭皮環境が悪化しやすくなります。 あとは室内でのクーラーによる空気の乾燥も影響することがあります。

秋の抜け毛

秋は抜毛が多い季節として知られています。秋に抜毛が多い原因は、夏の間に蓄積した頭皮ダメージ。夏はどうしても皮脂が多く分泌される季節ですが、適切な頭皮ケアをしないまま夏を過ごすと、秋になり抜毛が発症することがあります。

冬の抜け毛

冬の抜け毛の一番の要因が“乾燥”です。外気はもちろん、暖房によって室内も乾燥しがちです。 さらに寒さによって頭皮の血行が悪くなることも原因のひとつと考えられます。

病気の合併症や薬の副作用

薄毛や抜け毛は栄養やホルモンなどの体内バランスの乱れによるものが多いですが、中には病気の合併症や服用している薬の副作用が原因となることも。ドラマでも抗がん剤などの強い薬の効果で髪が抜け落ちてしまう…なんてシーンもよくあります。

効果が強い薬剤を使用すると

病気の合併症や薬の副作用による薄毛の対策方法

まず体を健康にすることが、第一でしょう。女性にとって髪は大事なものですが、体あっての髪ですから。

年代別に見る薄毛の原因

自分に覚えのある原因は見つかりました?さて次は、年齢と薄毛の関係にスポットを当ててみましょう。

女性の薄毛は、まだ若い20代からも多く見られます。ただ、20代と30代、30代と40代とでは、同じ薄毛という症状ではあっても、原因が異なる場合があります。原因が異なれば対策も異なってくるため、各年代、各人に合わせた適切な対処が必要となってくるでしょう。

以下、女性の薄毛について、年代別に症状や原因、対策などをまとめました。

20代女性の薄毛の原因&対策

女性の薄毛は、更年期以降の年配だけに発症するとは限りません。自覚があるかないかに関わらず、今や20代の若い女性の間でも広く髪が抜ける現象が見られています。その多くは「びまん性脱毛症」。男性型脱毛症のような前頭部や頭頂部の部分的な脱毛ではなく、髪の毛全体の本数が減り、かつ髪の毛が細くなってしまうタイプの脱毛症です。

このタイプの薄毛の原因は、20代の場合であればストレス、睡眠不足、過度なダイエット、偏った食生活、誤ったヘアケアなどが挙げられるでしょう。まだまだ体が元気なだけに、つい無理をしてしまいがちな年代でもあるのですが、不摂生の蓄積は確実に薄毛・抜毛を進行させます。改めてご自身の生活習慣を見直してみましょう。

ストレスや睡眠不足、過度なダイエット、偏った食生活は、血行不良や栄養不足を招き、毛母細胞を不健康にします。最低でも1日6時間の睡眠は確保し、かつビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養バランスを考えた食習慣を心がけるようにしましょう。

30代女性の薄毛の原因&対策

20代の女性でも抜け毛は多く見られるほどですから、まして30代の女性においては、さらに広く抜け毛が見られます。

30代の女性に多く見られる抜け毛は、やはり20代と同じく「びまん性脱毛症」。30代女性は仕事や家事、育児に非常に忙しい年代なので、過大なストレスを抱えがち。ストレスは全身の血行を悪くし、結果、毛母細胞の活動に必要な酸素や栄養素が不足して薄毛を招く要因となります。また、職場や家庭の事情から、睡眠不足に陥っている女性も多いことでしょう。ダイエットにも、まだまだ大いに関心のある世代です。

これら様々な状況が複合的に重なり、30代の「びまん性脱毛症」は発症します。出産後の「分娩後脱毛症」を経験する人もいらっしゃるでしょう。

30代の女性は、まずストレスを溜め込まないことが大事。ストレスは血行不良だけではなく、精神的な要因から脱毛を招くこともあります。自分なりのストレス解消法を、ぜひ実践してください。

また、ストレス解消を含めた生活習慣の見直し以外にも、クリニックなどで良質の育毛剤を処方してもらうなど、具体的な対策を考えても良い年代でしょう。

40代女性の薄毛の原因&対策

40代の女性の場合、個人差は大きいものの、薄毛がかなり深刻化してくる例も見られます。頭髪の全体的なボリュームダウンや、分け目に広く地肌が露呈するなど、30代に比べて抜け毛の症状が一層強く現れます。まだ抜け毛が著しくない方でも、予防の意味で早めに薄毛対策を開始したほうが良いでしょう。

40代の薄毛もまた、症状の分類としては「びまん性脱毛症」が多いのですが、その原因は20代、30代よりも多岐にわたります。ストレスや生活習慣だけではなく、女性ホルモンのバランスの崩れ、つまり更年期が薄毛の原因になることもあります。

対策のベースには、20代、30代と同じく生活習慣の見直しを置きましょう。どんなに高額な育毛剤を使っても、ベースとなる生活習慣が乱れていては、育毛剤の効果もほとんど期待できません。

また、早めに女性専門のクリニックに相談に行き、薄毛の原因の特定、および適切な治療を受けることをお勧めします。特に更年期が原因の薄毛の場合、生活習慣の改善だけで薄毛が治るわけではありません。薬や施術が必要な段階の薄毛かも知れないことを理解し、信頼できるドクターに相談してみましょう。

HOME
PAGE TOP