あなたの地域の名医はこちら 女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュ
女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュHOME » 女性でも薄毛になるのはなぜ?脱毛症の原因とは » 妊娠・更年期・ピルの服用

妊娠・更年期・ピルの服用

女性の薄毛にはホルモンバランスが大きく影響しており、妊娠や更年期などホルモンバランスが大きく変化するときに薄毛になることがあります。また、ピルの服用などホルモンバランスに影響のある医薬品を服用して発生することも。ホルモンバランスの変化は頭皮にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

女性ホルモンの働きとは?

女性ホルモンとひとくちで言っても、その働きについては知っている方は少ないかも知れません。

女性ホルモンと呼ばれるのは卵胞ホルモンである「エストロゲン」と、黄体ホルモンである「プロゲステロン」の2種類。

エストロゲンには女性特有のやわらかな体をつくり、情緒を安定させるといった心身の健康に関わる働きを持ち、プロゲステロンには子宮内膜の状態を整えるといった妊娠に関わる働きを持ちます。

この2つの女性ホルモンは一定の周期で増減を繰り返してバランスを取っており、月経周期や体調、心の状態などに大きな影響を与えているのです。

薄毛や抜け毛に関わる女性ホルモンは、肌や髪の潤いを保つ役割のあるエストロゲン。このエストロゲンが妊娠や出産、そしてピルの服用によって、どのように変化するのでしょうか。

妊娠と更年期のホルモンバランス

まずは妊娠した時のホルモンバランスについてみてみましょう。女性は妊娠すると、妊娠状態を維持するためにエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が増加します。

髪の毛のヘアサイクルには髪が抜け落ちる「休止期」という時期があるのですが、エストロゲンには髪を休止期に移行するのを防ぐ作用があり、妊娠によるエストロゲンの増加によって休止期に移行する髪が減って、抜け毛が少なくなるのです。

しかし、出産を終えるとエストロゲンやプロゲステロンの分泌量は妊娠していない状態にまで減ってしまいます。このため、大量に分泌されていたエストロゲンによって保たれていた髪が休止期に入り、抜け毛や薄毛といった症状が表れるのです。

更年期の薄毛や抜け毛についても、やはり女性ホルモンの減少が原因。女性ホルモンは20代をピークにして徐々に減少してゆきますが、更年期と呼ばれる40代~50代にかけて急激に減少してしまい、薄毛や抜け毛が起きやすくなってしまうのです。

ピルの服用は妊娠している状態を作る

では、ピルの服用が薄毛や抜け毛に関係するのはなぜでしょうか。経口避妊薬として有名なピルの成分は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロン。

ピルを服用することで妊娠しないというのは、服用することによって女性ホルモンの分泌量が上昇し、妊娠しているのと同じ状態を作りだすからなのです。

妊娠中と同じくエストロゲンの増加により休止期に移行する髪が減って抜け毛は減りますが、服用を中止すると出産後と同じく普段のホルモンバランスに戻ろうして抜け毛や薄毛といった症状が表れます。

ホルモンバランスによる薄毛や抜け毛を防ぐには?

このように、女性のホルモンバランスは薄毛や抜け毛に大きく影響していますが、出産後の薄毛や抜け毛は一時的なものですので、しばらく様子をみて改善しない様子であれば専門医に相談するようにしましょう。(カテゴリ6トップ・女性の薄毛治療の基礎知識へのリンク)ピルの服用をやめたことによる薄毛や抜け毛も同様です。

更年期の薄毛や抜け毛については、女性ホルモンの減少量をできるだけ抑えるように心がけることで進行を遅くすることはできます。

たとえば食事や生活習慣の見直しや、ストレスを溜め込まないようにするなど、ホルモンバランスを乱す原因を作らないようにすることが大切。また、専門医に相談することで髪を保つためのさまざまなアドバイスを受けられますので、ぜひ活用してみてください。

HOME
PAGE TOP