あなたの地域の名医はこちら 女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュ
女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュHOME » 女性でも薄毛になるのはなぜ?脱毛症の原因とは » フケ・過剰な皮脂などの頭皮トラブル

フケ・過剰な皮脂などの頭皮トラブル

フケの増加や頭皮のかゆみ、皮脂の過剰分泌によってさまざまな頭皮トラブルを引き起こされ、薄毛や抜け毛が進行するケースがあります。フケや過剰な皮脂の分泌はなぜ発生し、そして頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか。

そもそもフケや皮脂の役割とは?

どれだけシャンプーしても完全に落ちることのないフケや皮脂。そもそもフケや皮脂とは、いったい何のためにあるのでしょうか。

肌にはターンオーバーと言われる新陳代謝が起きており、このターンオーバーによって古い角質が剥がされて新しい肌に生まれ変わります。フケの正体は頭皮のターンオーバーによって剥がれた角質細胞であり、肌に潤いを与えて清潔に保つために必要なものなのです。

そしてフケと同じように皮脂にも大切な役割があります。皮脂は頭皮にある皮脂腺から分泌されており、頭皮から水分の蒸発をおさえて潤いを保ち、紫外線や細菌など外部からの刺激を防ぐ役割があります。

このように、フケや皮脂にはそれぞれ頭皮を健康な状態に保つ大切な役割があるのです。

過剰がフケや皮脂は頭皮トラブルの原因

大切な役割を持つフケや皮脂でも、大量に発生してしまうと頭皮トラブルの原因になってしまいます。

フケには「乾いたフケ」と「脂っぽいフケ」2種類のフケがあり、乾いたフケが増えてしまうと「脂漏(しろう)性脱毛症」、脂っぽいフケが増えてしまうと「粃糠(ひこう)性脱毛症」といった脱毛症の原因にもなりかねません。

いずれの場合も頭皮環境は良いとは言えず、毛穴に詰まったフケが炎症を起こして強いかゆみをともないます。

また、皮脂の過剰な分泌も頭皮トラブルの原因。過剰な皮脂の分泌が髪の成長を妨げて薄毛や抜け毛の原因にもなり、脂漏性脱毛症の原因にもなってしまうのです。

頭皮の為にしたことが逆効果に!?

フケの増加や皮脂の分泌過剰の原因のひとつとして、シャンプーのし過ぎによるものが挙げられます。

フケや皮脂を無くそうと洗浄力の強いシャンプーを使用したり、シャンプーの回数を増やしたりしてしまうと、皮脂による頭皮の保湿や保護ができなくなり、乾燥した肌になってしまいます。

潤いのない乾燥した頭皮からはフケが発生しやすいため、フケを無くそうとしてシャンプーしても結果的にフケを増やしてかゆみも強くしてしまうことに。

また、頭皮のベタベタを無くそうとシャンプーで皮脂を洗い流してしまうと、身体は頭皮を乾燥から防ごうとして皮脂の分泌を増やしてしまいます。それでも皮脂を無くそうと頻繁にシャンプーし続けると、身体は余計に頭皮を保護しようと皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

つまり、気持ちでは頭皮の為にとしたことが、逆に頭皮環境を悪化させてしまっているのです。

薄毛や抜け毛の知識を深めて適切な対応を!

薄毛や抜け毛は間違ったヘアケアが原因になることが多いですが、中にはホルモンバランスの乱れが原因となるものなど、複雑に原因が絡み合っている場合も多いことも。

「最近かゆみが強くなってきた」と思った時は、かゆみだからと言って我慢せずに、医師などの診察を受けるとともに、ヘアケアの見直しも行うようにしましょう。

頭皮環境を健康な状態に整えるためには、薄毛や抜け毛についての知識を深め、適切な対応を行うことが大切なのです。

HOME
PAGE TOP