あなたの地域の名医はこちら 女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュ
女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュHOME » 女性でも薄毛になるのはなぜ?脱毛症の原因とは » 季節の変化

季節の変化

髪や頭皮のコンディションは季節の影響を受けており、特に夏から秋にかけては薄毛や抜け毛が増えると言われています。暑い夏の季節を過ごすことで直面する髪や頭皮のトラブルとは、いったい何が原因なのでしょうか。

夏の過ごし方によって秋の脱毛量が変わる

植物に育つ時期と枯れる時期があるように、髪にも成長する時期と抜ける時期があります。髪の成長と脱毛の繰り返しをヘアサイクル(毛周期)と呼び、ヘアサイクルの繰り返しによって発毛と脱毛のバランスが保たれているのです。

髪の毛が成長する時期を「成長期」と呼びますが、春から夏にかけて成長期を迎える髪の毛の量の比率が増加します。

髪の毛が増えるのは、紫外線や暑さなど、夏の過酷な環境を耐え抜くため。身体は髪を増やすことによって、体を守ろうとしているのです。

秋を迎えると夏を過ごすために増えた髪の毛は抜けやすくなるため、秋になると通常の1.5倍~2倍程度の脱毛量になる方も。

しかし、夏の過ごし方によっては髪や頭皮にたまったダメージにより頭皮環境にトラブルが発生し、秋になってからの脱毛量がさらに増えてしまうケースもあるのです。

夏の頭皮トラブルの原因とは?

秋になってから薄毛や抜け毛の症状を引き起こしやすい夏の頭皮トラブルの原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

夏バテやダイエット

あっさりした食べ物しか食べなかったり、冷たい清涼飲料水ばかり飲んだりしていると夏バテになりやすいですが、夏バテの食欲不振からくる食生活の乱れは薄毛や抜け毛の原因になることも。また、初夏になってあわててダイエットする方もおられますが、無理なダイエットが薄毛や抜け毛の原因になることもあるのです。

紫外線

春から夏にかけて、地上に降り注ぐ紫外線量はピークを迎えます。紫外線は髪や頭皮に大きなダメージを与え、さまざまな頭皮トラブルの原因ともなりますので、しっかりとした紫外線対策が重要です。

汗や皮脂の分泌量の増加

他の季節に比べると暑い夏はどうしても頭皮に汗をかいてしまい、紫外線などから頭皮を守ろうと皮脂の分泌量も増えてしまいます。汗や皮脂を放置しておくと、頭皮の炎症や皮膚常在菌と言われる細菌の繁殖によって、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になるのです。

エアコンによる乾燥

夏はどうしてもエアコン使うことが多いのですが、エアコンによって頭皮が乾燥してしまい、血行不良も伴って抜け毛や薄毛といた頭皮トラブルを引き起こすケースも。特に乾燥肌の方にとっては注意が必要です。

髪と頭皮に刺激の少ない毎日を!

犬や猫といった動物に体毛の生え変わりがあるように、人間にも秋なると髪の毛が抜けやすいという特徴があります。

秋になって少し抜け毛が増えたかな?というぐらいであれば特に問題はありませんが、あまり抜け毛がひどいようでしたら、専門医による診察を受けることをオススメします。

髪は紫外線などといった外部からの刺激だけでなく、栄養バランスの乱れやストレスなどの内部からの刺激にも弱いのが特徴。

夏の過ごし方は特に注意が必要ですが、季節を問わず髪と頭皮に刺激の少ない毎日を過ごすことで、薄毛や抜け毛を防ぐように心がけましょう。

HOME
PAGE TOP