あなたの地域の名医はこちら 女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュ
女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュHOME » 女性でも薄毛になるのはなぜ?脱毛症の原因とは » 紫外線による頭皮のダメージ

紫外線による頭皮のダメージ

紫外線に気を付けている女性は多いかと思いますが、頭皮にもしっかり紫外線対策をしないと、薄毛や抜け毛の症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。しっかりと頭皮の紫外線対策を行って、薄毛や抜け毛を予防しましょう。

紫外線対策は夏だけで大丈夫?

紫外線対策といえば、日差しの強い夏からすれば大丈夫と考えている方も多いですが、実は春から紫外線対策をしなければならないことをご存じでしょうか。

紫外線量はまだ暖かい4月から強くなりはじめ、5月~8月にピークを迎えて9月まで紫外線量が強い日が続きますので、早めの紫外線対策が必要なのです。

ひとくちに紫外線(UV)といっても3種類の波長の違う光線があり、それぞれUV-A波、UV-B波、UV-C波と言われています。このうちUV-C波はオゾン層でさえぎられるので地上には届かないのですが、UV-A波とUV-B波はオゾン層を超えて地上に届きます。

地上に届く紫外線の約95%がUV-A波で、肌の奥底まで届いてゆっくりと色素沈着を引き起こすのが特徴。UV-B波は肌を炎症させる、いわゆる日焼けの症状を引き起こすのが特徴です。

紫外線が頭皮に与える影響とは?

紫外線はお肌の弾力を保つコラーゲンに影響を与えて肌老化を引き起こすことで有名ですが、頭皮にも大きな影響を与えます。

頭皮が長時間にわたって紫外線を浴び続けると、頭皮の乾燥や角質の剥がれなどを引き起こします。ダメージを受けた頭皮を紫外線から守ろうと、頭皮から皮脂が過剰分泌されますが、その過剰分泌された皮脂が毛穴につまって抜け毛や薄毛の原因となることも。

また、紫外線は肌の奥深くまで届くため、髪が生える元となる毛母細胞にまで達してダメージを与ることで、薄毛や抜け毛の原因となるのです。

分け目のあるヘアスタイルをしていると、その部分が特に紫外線の影響を受けてしまうため、分け目から薄毛や抜け毛が発生しやすくなります。

薄毛・抜け毛を防ぐ紫外線対策

それでは、薄毛や抜け毛を防ぐ紫外線対策の方法をご紹介しましょう。

帽子や日傘などを持ち歩く

帽子や日傘を使うことは、最も手軽に紫外線を防ぐ方法と言えるでしょう。普通の帽子や日傘ではなく、UVカット機能のあるもの利用すると効果はアップします。

日焼け止めスプレーを使う

全身に使える日焼け止めスプレーは、頭皮や髪にも使うことができます。さっと頭に使うことで、手軽に紫外線対策ができるのが便利。ただし、日焼け止めスプレーには紫外線防止剤を使用しているものが多いので、敏感肌の方はパッチテストをしてから使うようにしましょう。

どんな天気でも紫外線対策

日差しの少ない曇りの日などは、紫外線対策しなくてもいいように思ってしまいますが、曇りや雨の日であっても紫外線は地上に届いています。快晴の日の紫外線量を100%とすると、薄曇りの日は80%~90%、曇りの日は60%、雨の日は30%の紫外線量になるので、どんな天気でも油断せずに紫外線対策を心がけましょう。

室内でも油断しない

紫外線は室内にいても、窓ガラスを通して降り注ぎますので、窓の多い部屋などでも注意が必要です。UVカット機能のあるカーテンを付けるなどすれば、安心して室内でくつろげます。紫外線を浴びずに過ごすことはほとんど不可能ですので、紫外線の影響をできるだけ受けないようにして過ごすことがポイント。薄毛や抜け毛を防ぐためには、頭皮にダメージを与える原因となるものはしっかりとカットするようにしましょうね。

HOME
PAGE TOP