あなたの地域の名医はこちら 女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュ
女性の薄毛治療なんでもコンシェルジュHOME » 女性の薄毛・ハゲ治療の費用から効果、口コミ、薬の種類まで完璧ガイド

女性の薄毛治療を徹底解説!
治療の種類・流れ・費用・効果など基礎知識まとめ

薄毛を治療したいけど、薄毛治療ではどんなことをするのか、費用はどれくらいかかるのか、そして本当に薄毛が治るかどうか、わからないことだらけで不安という方もいらっしゃいます。ここではそんな不安を解消するために、女性の薄毛治療に関する基礎知識をご紹介します。

女性の薄毛治療ってどんなことをするの?

女性の薄毛治療のベースは、内服薬の処方です。パントガールという女性の薄毛治療専用の薬があり、多くのクリニックではこの薬を処方しています。

ただ最近ではパントガールよりも効果の高い治療法として、クリニックでオリジナルブレンドした薬の処方や、患者の薄毛の原因に合わせたオーダーメイド処方、また、育毛メソセラピーやHARG療法など頭皮に直接施術をする治療法も行われています。

どんな治療がなされるかについては、医師からの提案や患者本人の意志によって決めることになります。豊富な治療法を用意しているクリニックで、より自分の症状に合った治療法を選ぶことが大切。それぞれの治療について、より詳しく見ていきましょう。

施術による治療

メソセラピー

発毛・育毛に有効な成分を、頭皮に直接注射する治療法。毛根に有効成分を直接注入するため、処方薬に比べて、より高い効果があると言われています。

HARG療法

幹細胞から抽出した成長因子、アミノ酸、ビタミンなどを配合した薬剤を直接頭皮に注入する方法。いわゆる再生医療の一つです。90%以上という高い発毛率を誇ります。

以上が、女性の薄毛に行なわれている主な治療法です。

なお、より一層の治療効果を目指すため、投薬と施術とを組み合わせたハイブリッド治療を提供しているクリニックもあります。治療費は決して安くはありませんが、短期間で確実な効果を目指す人には、ぜひともおすすめしたい治療法です。

投薬による治療

内服薬や外用薬の処方で治療を進めます。主な薬の種類は以下の通りです。

パントガール

女性の薄毛治療を専門にした内服薬。様々な原因の薄毛改善に効果的なことが確認されています。抜け毛の予防効果だけではなく、発毛・育毛にも有効なことが確認されています。これまで重篤な副作用の報告もないので、長く安全に服用できる薬です。

パントスチン

薄毛の原因の一つである5α-リダクターゼの働きを阻害する薬。外用薬なので、頭皮に塗布する形で使用します。

ミノキシジル

頭皮の血管を拡張させ、また、頭皮に新しい血管を造成することで発毛・育毛の土台を整える薬。外用薬なので、頭皮に塗布して使います。男性の薄毛治療にも使用されていますが、安全性の観点から、女性用は男性用よりも成分濃度を下げています。

漢方薬

体質改善の観点から薄毛を治療していく薬。血行の改善、消化器系や免疫機能の向上、腎機能の改善などを通じ、時間をかけて薄毛の根本的な原因を取り除いていきます。

オリジナル処方薬

クリニックが独自に配合した処方薬。発毛・育毛に有効な成分に加え、ビタミンやミネラルなどを配合し、一般的な薬よりも高い効果を狙います。

オーダーメイド処方薬

オリジナル処方薬の一種ですが、さらに発毛効果を上げるために、各患者の薄毛の原因や症状に合わせて調合した薬。各種の処方薬の中では、もっとも効果的な薬とされています。

デリケートな体内バランスを持つ女性にとって、治療はできても効き目の強い薬による副作用は避けたいところ。出来る限り自分の体と合った形で処方してくれるオリジナル処方を利用できると良いですね

カウンセリングからの治療までの流れ

ところで薄毛治療を検討中の方は、どのような流れで治療が進むのか不安も多いことでしょう。クリニックによって多少の違いがあるものの、おおむね治療の流れは同じ。以下で、カウンセリングから治療までの大きな流れを確認しておきましょう。

  1. カウンセリングの予約
    電話やwebフォームなどを通じ、カウンセリングの予約を入れます。
  2. カウンセリング
    一般的な保険診療の診察と同じように、受付を済ませた後、問診票に必要事項を記入しカウンセリングを受けます。カウンセリングを担当するのは、専門のカウンセラーであったり医師であったり、クリニックによって異なります。また、カウンセリングと診察を兼ねているクリニックもあります。
  3. 治療の申し込み
    治療を受ける場合、申し込みが必要となります。保険の効かない自由診療になるので、費用を始め疑問点はすべて解決した状態で申込をしましょう。
  4. 医師による診察
    スタッフによる頭皮撮影などを済ませた後、医師による診察が行なわれます。頭皮の状態を目視で直接チェックしたり、生活習慣などのヒアリングをしたりなどして、より治療効果を高めるアドバイスも行なわれます。
  5. 血圧測定・採血
    選択した治療法が健康上の問題をもたらさないかを確認するため、血圧測定や採血などが行なわれます。
  6. 治療
    薬の処方や頭皮への施術などの治療が施されます。以後、治療が終わるまで定期的な通院が必要となります。

男性のAGA・薄毛治療との違いは?

男性のAGAの場合、男性ホルモンの一種であるDHTが増加することによって薄毛が発症します。また遺伝的にAGAになりやすい体質の人もいます。こられの力は年齢を重なるほど大きくなるため、それに抗うような治療スタイルが多いです。

一報、女性の薄毛の場合は主に加齢を原因とした女性ホルモンの現象によるもの。一件同じように感じますが、女性の場合は薄毛を促進させるパワーが弱いので、処方薬のみなど比較的軽い治療を推奨することが多いです。

また生活習慣の乱れや冷え、ダイエット、誤ったヘアケアなど、生活的要因で薄毛が発症することもあるので、そういったものは特に治療を行わずに、生活の改善をはかるだけということもあります。

何科を受診したらいいの?

薄毛治療を受けに病院に行きたいけれど、初めての方はどの診療科を受診すればいいのかさえ分かりませんよね。女性の薄毛は基本は皮膚科、美容皮膚科でもOKですが、充実度を考えると薄毛治療専門の病院に行くと良いでしょう。

女性の薄毛は、多くの皮膚科でも診療していますが、一般的な皮膚科で行なっている治療は、主にパントガールやミノキシジルなど、既存の薬の処方になります。一方、専門病院では、一般的な処方薬の他にも、オリジナル処方薬やオーダーメイド処方薬、施術系治療など多彩な治療法を用意しています。

予算の都合が許すのであれば、より自分の症状に合った治療を受けるために、女性の薄毛治療を専門に行なっている病院を選んだほうが良いでしょう。

ただし、1つ注意。薄毛治療専門病院の多くが男性のみを扱う場合が多く、女性の薄毛治療を専門としているクリニックは少ないです。当サイトでは、女性でも安心して受けられる全国の薄毛治療病院を紹介しています。治療を考えている方はぜひご覧ください。

専門病院と一般病院・育毛サロンの違いって?

薄毛の治療ができる施設は頭髪治療の専門病院や、皮膚科などのある一般的な病院、そして育毛サロンの3種類がありますが、それぞれの特徴や治療方法の違いはあまり知られていませんよね。これは、治療の度合いと幅と考えると良いです。

薄毛の治療ができる施設は頭髪治療の専門病院や、皮膚科などのある一般的な病院、そして育毛サロンの3種類がありますが、それぞれの特徴や治療方法の違いはあまり知られていませんよね。これは、治療の度合いと幅と考えると良いです。

薄毛治療の費用は?相場から保険適用まで

薄毛を治療するにあたって、やはり気になるのは治療費のこと。薄毛治療は保険の効かない自由診療になるため、治療費は全額負担となります。

また一度で済む治療ではないため、施術系の費用が高い治療法を選択するとトータルの費用が高額になりがちです。施術1回につき50,000円から100,000円ほどですから、10回通えば、100万円に行くことも…。

一方、薬の処方になると、それほど大きな負担ではなくなります。こちらもクリニックによって治療費が大きく異なりますが、単剤処方であればひと月6,000~8,000円程度オリジナル処方であれば20,000~40,000円ほどと考えておけばOKです。オリジナル処方の場合、薬の種類や量だけでなく、どのくらいカスタマイズしてくれるかによっても、ひと月当たりの費用は異ります。なので「同じオリジナル処方なのに、こっちのクリニックは高い…」と言う場合は、より細部まであなたに合った薬にしてくれるクリニックであるというケースが多いです。

発毛効果が得られるまでの期間には個人差があるので患者によりますが、重症でない限りは薬のみでも十分でしょう。

治療費が高くなるのでは?

治療効果が十分に現れるまでの期間は、患者によって個人差があります。よって、想定よりも治療費が安く済む人もいれば、想定よりも大幅に治療費が高くなる人もいるでしょう。

なお、傾向としては、一般病院よりも専門病院での治療のほうが1回あたりの治療費は高くなります。ただし、専門病院のほうが治療効果は高いため、結果通院回数が少なる可能性が高め。よって、診療科によって総額費用は結局のところどっこいどっこいになりそうです。

保険適用はできないの?

基本的に病気でない場合は自費診療になります。皮膚疾患や自己免疫疾患(脂漏性脱毛症・ひこう性脱毛症・円形脱毛症など)は適用されるケースが多いですね。しかしそれ以外の場合は、保険適用はできません。

薄毛治療の効果は?本当に治療で治せるの?

女性の薄毛は、男性の薄毛に比べると治りやすいと言われています。その理由は、女性には男性ホルモンが少ないからです。

男性の場合、体内では薄毛を強力に促す男性ホルモンが分泌されています。このホルモンの強い働きに抵抗しなければ薄毛が改善しないので、治療は容易ではありません。 一方で女性の場合、男性ホルモンは分泌されているものの、薄毛を促すほどの量ではありません。女性ホルモンのバランスを整えるだけで薄毛が改善する人も多いと言われています。

友達に薄毛治療していることはバレる?

基本的にはバレないでしょう。女性の薄毛治療は、内服薬と外用薬、および注射で行なわれます。ゆるやかに、だけど確実に改善していきますし、また髪が増えても周りは「体調が良くなった」程度にしか思いません。 男性のように加齢でハゲてきていたのに、突然髪が増える、と言った分かりやすく変化していくわけではないので、心配しなくて大丈ですよ。 また最近では、プライバシーに十分配慮したクリニックも多いです。気になる方は、そういった視点でクリニックを探してみるのも良いでしょう。

女性の薄毛治療の副作用は?

これまで治療による重篤な副作用は報告されていません。内服薬であれ外用薬であれ、施術系治療であれ、いずれの治療法でも副作用はないと考えて差し支えありません。ただし、用法・容量は必ず守りましょう。 また、同じ薄毛治療薬だからと言って男性用の薬を飲むのは厳禁です。成分や濃度が異なるため、重篤な副作用が生じる危険性があります。特に、男性用の薄毛治療薬として最も有名なプロペシアは、女性との相性は最悪です。間違っても飲まないようにしましょう。

治療期間や通院頻度は?

薄毛治療に必要な治療期間や通院頻度も気になるところ。できるだけ気になる薄毛を早く治したいけど、毎日が忙しいのであまり頻繁には通院できないという方もいますよね。

多くのクリニックでは、薄毛治療の期間は大体半年~1年で、通院頻度は月に1回だそうです。個人差や治療内容の差はありますが、目安としてはこのくらいと考えておいてよいでしょう。

薄毛は男女で違いはあるの?

男性と女性では薄毛になる原因が異なります。そのため、女性の方は男性と同じ対策をとらないように気を付けてくださいね。旦那さんの育毛剤や育毛シャンプーを使って薄毛対策をしている方もいらっしゃると思います。しかし、そのような対策をとってしまうとかえって状態が悪化することも…。

薄毛対策の中には男女共通のものもありますが、女性の薄毛を効率的に改善していくために行っておきたいこともいろいろあります。

ここでは女性と男性では薄毛のメカニズムにどのような違いはあるのか、具体的にどのような対策をとっていけば良いのかなどについてご紹介しましょう。

年代別に見る女性の薄毛治療事情

生まれつき薄毛の女性はどうすればいいの?

生まれつきの薄毛の原因は大きく分けて2つ。染色体の異常による無毛症(先天性欠毛症)と、家系的に薄毛になりやすいというケースです。

無毛症に対する治療法は、現在のところ確立されていません。ただし、ミノキシジルの塗布によって改善された例は複数報告されています。一度クリニックで相談してみると良いでしょう。

家系的に髪の毛の数が少ない、髪の毛が細いと感じている方、まずは生活習慣の見直しを行ってみてください。髪に良い生活、髪に良い食事を送ると案外改善するケースもあるようです。

しかし、これらを頑張ってみても難しい場合は、やはり一度クリニックに行って診察してもらっても良いでしょう。またクリニックまで行かずとも、育毛シャンプーや育毛サプリを利用してみるのも手だと思います。

20代女性でも薄毛が始まる?

昨今、20代という若い女性の間でも抜毛の悩みが拡大していると言われています。

20代女性の薄毛の原因は、ほとんどが生活習慣によるもの。特にストレスの蓄積や食習慣の乱れ、過度なヘアケアによる薄毛が多いです。

特に病気ではない20代女性であれば、髪の毛が再生する潜在力は十分に残っています。原因を見極め、問題となっている習慣を改善すれば比較的早く薄毛が改善できるでしょう。

もし生活習慣を見直しても薄毛が改善しない場合は、別の原因があるかもしれないので、一度クリニックで相談してみるのも良いですね。

30代女性の薄毛治療事情

雑誌やネット上では、30代の薄毛女性に向けた育毛剤、育毛シャンプーなどの宣伝を多く見かけるようになりました。

30代でも薄毛に悩む女性が増えてきている、と考えて良いでしょう。 30代女性の薄毛の原因の多くは、生活習慣に絡むもの。食生活の乱れや過度なヘアケアなどが原因で、頭皮環境が悪化し、抜け毛・薄毛を発症してしまうというものです。

睡眠不足やストレスなどによるホルモンバランスの乱れも、30代の薄毛を招く一因として指摘されています。これら生活習慣を見直すだけでも、多くの女性の薄毛は改善されることでしょう。

ただ生活習慣の見直しだけでは改善の兆しが見られない場合には、クリニックにおける治療の必要性が出てくるかも知れません。

40代女性の薄毛治療事情

40代女性の薄毛の原因は、30代女性までのそれとは大きく異なります。

生活習慣が絡む原因で薄毛になることもありますが、多くの場合は閉経に向けた女性ホルモンの減少が原因です。これはアサイクルにも影響を与える「エストロゲンの減少」によるもの。

また40代女性特有の過度なストレス(仕事、家事、育児、介護など)も薄毛の原因として指摘されることがあります。

エストロゲンの減少は仕方のないことですが、薄毛改善のためには規則正しい生活習慣の維持が不可欠。栄養バランスを考えた食事や十分な睡眠時間の確保を意識することで、薄毛改善に向けたベースを作っていきましょう。

50代女性の薄毛治療事情

50代になると更年期障害の一環として薄毛の症状が現れることがあります。ですが、それだけでなく、複数の原因が合わさって薄毛を招くこともあるため、原因の特定は非常に難しいといえるでしょう。

原因の特定が難しいからこそ、髪や頭皮のために良いことはひとつでも多くとり入れていきたいですよね。閉経を迎えて女性ホルモンが少なくなってしまうのはどうしようもありませんが、50代の女性でもできる対策はたくさんあります。年だからと諦めてしまうのではなく、若々しい髪の毛を取り戻すにはどうしたら良いのかなどについてチェックしてみましょう。

60代女性の薄毛治療事情

60代に入ってから薄毛が目立つようになったと感じる女性は多いものです。この年代の女性に起こる薄毛は、どのような原因で引き起こされるのでしょうか。60代女性に多い薄毛の原因を解説します。併せて、オススメの対処法も紹介します。

女性の薄毛は見た目年齢を大きく老けさせるといわれています。いつまでも若々しく見られたい方は、紹介する情報をもとにヘアケアに取り組んでみてはいかがでしょうか。有効な対策を講じれば、若々しい髪の毛を取り戻せるかもしれません。60代に入ってから、薄毛が気になりだした方は参考にしてください。

女性の薄毛治療を受けた人の口コミは?

実際に女性の薄毛治療を受けた人は、どのような口コミをしているのでしょうか。

多くの方が各クリニックで効果を実感しているようですね。ただし、クリニックによっての格差は大きいもの。また治療効果はあったけど「クリニックのスタッフが感じ悪い」「医師が適当」などマイナスな意見も見受けられます。

当サイトでは、全国の女性薄毛治療院をくまなく探し出し、見つけ出せた限りの口コミを掲載しています。またエリア別におすすめの女性薄毛治療病院をまとめているので、こちらもぜひチェックしてくださいね。

HOME
PAGE TOP